便秘予防の大切さと便秘茶

便秘予防の大切さと方法を解説します

便秘を考える

便秘は男性もかかりますが、女性に多い病気です。そして、女性の多くは便秘をたいしたトラブルだと考えず、放置しているという調査もあります。

でも本当は、便秘は軽く見てはいけない病気なのです。
便秘の症状について

便秘は不快な症状だけでなく、さまざまな病気の原因になってしまうのですね。



便秘を予防すればいいことが

そのため、もしあなたが便秘であればなるべく早く解消することをおすすめします。また、まだ便秘ではないという方も、ぜひ便秘にならないように予防をこころがけていただきたいです。

便秘を予防できれば、腸内環境を良好に保つことができます。そうすれば、例えば免疫力を上げることもできます。
便秘を予防すれば病気も予防できる

それではどうすれば、便秘を予防できるのでしょうか。実は、便秘の予防法と便秘の解消法は同じなのです。



食べ物や運動による対策

便秘の予防法にはいろいろありますが、例えば食物繊維をたくさん摂取するというものがあります。
食事による便秘予防法

もう一つ便秘予防法としておすすめなのが「運動」です。
運動による便秘予防法

こうした運動による便秘対策はとてもおすすめです。でも、継続して運動を続けるのもかなり大変なんですよね。



続けられるか?

便秘予防のために毎日運動をするのはとても強い意志の力が必要です。雨の日も酷暑の日もありますから。

それに、ただ歩くだけでも忙しいビジネスマンやOLさんなど、時間がない方にとっては難しいと思います。

でも便秘予防は続けることが不可欠です。なぜなら、腸は年齢を重ねるごとに老化してしまうからです。

つまり予防法を止めてしまったら、腸内環境はどんどん悪化して、便秘にもなってしまうというわけなんですね。



カンタンな予防法

それではもっと簡単で長続きできるお通じの悩み予防法はないのでしょうか? 実はあるのです。

それが便秘茶の「べっぴん黒豆ごぼう茶」です。この便秘茶にはごぼうと黒豆、ハトムギ、大豆胚芽が入っています。

なかでも便秘茶に入っている注目の成分がごぼうです。ごぼうはアンチエイジングの南雲吉則医師もすすめておられる、話題の成分です。



便秘に欠かせない食物繊維

便秘を解消したり予防するには、食物繊維(ファイバー)が欠かせません

食物繊維は便のかさを増やして腸壁を刺激して、鈍くなった腸の動きを高めてくれます。さらに、便秘で溜め込んでしまった老廃物や毒素を、吸着して体外に出してくれます。

この毒素には発ガン物質も含まれますから、便秘を予防することは病気予防にもなるんですよ。



抗酸化作用で若返り!

さらに黒豆や大豆胚芽にはポリフェノールの一種であるイソフラボンやサポニンが含まれています。

便秘になると腸内に活性酸素がたくさん作られてしまいます。この活性酸素は細胞を老化させ、病気の多くの原因になるといわれている、困った物質です。

そこでイソフラボンやサポニンの登場です。強力な抗酸化作用があり、活性酸素をやっつけてくれるからです。

このように「べっぴん黒豆ごぼう茶」なら便秘予防だけでなく、アンチエイジング対策もできるわけですね。



濃さを自由に変えられる

さらに食物繊維を摂取することで糖分や脂肪が小腸で吸収されるのを防げますからダイエットもできます。老廃物を外に出せるので、美容にも役立つのです

ちなみに「べっぴん黒豆ごぼう茶」はお茶ですので、自由に濃さを変えることができます。たとえば予防目的なら熱湯に浸す時間を短くして、もし便秘になってしまったら濃くする、というように調節できます。



悪くなる前に予防して健康維持

「べっぴん黒豆ごぼう茶」なら飲むだけでお腹すっきりできますから、便秘というほどではないがお通じの回数が減ってきた、ウンチが臭くなってきた(これらは腸内環境がよくないサインです)という方の便秘予防のためにもおすすめなのです。

便秘になってしまいますとお腹に溜まったウンチがさらに腸内環境を悪くしてしまうので、その前にしっかり出すことが重要だからです。

ちなみに便秘茶「べっぴん黒豆ごぼう茶」には癖になる成分が入っていませんので、安心して便秘予防のために飲み続けていただけますよ。妊娠中や授乳中の女性でも飲んでいただけます。

もちろんノンカフェインなので寝る前にもお飲みいただけます。ぜひ便秘になる前にお腹スッキリしてお悩みを予防するためにも、「べっぴん黒豆ごぼう茶」をご活用ください。